EDI・EOSの受発注データを弥生販売の伝票に変換してインポート

■WEBEDI、WEBEOSの受注データを弥生販売伝票に変換
注文データをWEBEDI、WEBEOSからダウンロードし、弥生伝票データに変換することで、入力の手間を大幅に縮小し、手入力によるミスを軽減します。
一括インポートが出来ますので、入力する手間と入力ミスを大幅に削減することが出来ます。
ランニングコストがかからないので(サポート費用を除く)今いるスタッフで2倍、3倍の業務を
こなせるようになります。
CSVデータ、テキストデータは取込開始ボタンをクリックするだけでインポートすることが出来ます。


受注伝票、売上伝票どちらにインポートすることもできます。
また、オプションでピッキングリストの抽出もすることができます。

御社のシステム、仕事内容に合わせたカスタマイズもできます。
対応EDI EOS:プラネット、オリンピック、日立、パナソニック、東芝、Amazon、ドライバーズスタンド        ドンキホーテ、ナップス、セコムトラストシステムズ、Mマートほか各種受発注システムなど

↑ ページトップへ

 お問合せ・ご質問はこちらまで↓